あたまの中の引き出し

備忘録のような分析のような日記のような

物を捨てるのが苦手な原因を考えてみた

部屋にものが溢れている……ということで、いわゆる『捨て活』を始めようと決心した。

 

20代も後半……さすがに着られない服、バッグ、ブームが去ったCDにマンガ本……といろいろある。

しかし物が捨てられない。

壊れたり、汚れれば捨てられる……というわけでもなく、愛着があると『いや、まだ大丈夫……』と使ってしまう。

当然もったいない精神も強くて、好みが変わっても『まだ使える』なら捨てられない。実家がそんな感じで(長く大事に使う、貰い物を使う、またはあげる、お下がりなど)、とてもいいことなのだろうが、おかげで明らかに消費期限を過ぎてても、捨てることに踏み切れない。

 

特にやっかいなのは『貰い物』だ。

一人暮らしを始める際、まだ学生でお金がないため調理器具やカーテン、毛布、こたつ、食器棚といろいろ友人や親戚から頂いた。10年も経てば社会に出てある程度自由なお金もでき、家具店などで「あ、これかわいい」というのを見つける……しかしまだ使える貰い物を捨てるわけに行かない。壊れたりすればそれを理由に出来るのだが、そういうものに限って持ちがいい。

 

貰い物といえば、ぬいぐるみやキーホルダー、アクセサリーや服も捨てづらい。好きな人から貰えばもちろん、興味の無いものを興味の無い人から貰っても、後から「あれどうした?」「使ってる?」なんて言われれば困る。

 

とりわけ『捨て活』をしていて後ろ髪を引かれながら捨てたのは、『関連する楽しい思い出がある物』である。

ライブグッズや、写真、友だちと選んで買った服、二次創作グッズ(オタク限定だが)、ハマっていたDVDにゲームなど。

 

それに触れることで楽しい思い出が蘇る。

逆に、捨ててしまえば、楽しい思い出をもう思い出せなくなってしまうように感じてしまう。

 

 

 

……と、ここまではよくある『捨てられない』心情だと思うのだが、私の『捨てられない』はさらにやっかいなものがある。

 

それは、なんでも擬人化してしまうのだ。

ゴミ袋に入れる瞬間、捨てる物の気持ちになってしまう。

ゴミ収集車に入れられ、あの回転する刃(よくわかんないけど)に巻き込まれ、他の生ゴミやら紙くずやらと一緒に押しつぶされる。

そしてゴミの山の中にいたあと、燃やされる。

 

人の死を連想してしまうからだろうか。

なんなら人の死の方がまだ優しい(当たり前だが)。

私がこの物の生死を握っているのかと思うと、本当に捨てられない。プラとか缶とか燃えないゴミならそんなに辛くはないのだが。

 

壊れてしまえば、それが『寿命』となるのに、まだ生きている物を捨ててしまうのは自分が裁判官になって死刑宣告をしたかのようだ。

 

こういう考えの『捨てられない人間』はどれだけいるのだろう。そしてその人たちはどうやって捨てているのか知りたい。切実に。

 

ひとまず罪悪感を少しでも払拭するため、今は

・『ありがとう』と心で感謝して捨てる

・塩を振る

・写真を撮る

事にしている(下に行くほど捨てられないもの)

 

今日も思い切って服を袋一つ分捨てることにした。

捨てると案外気持ちがすっきりするものだ。

過去の物に縛られているのだろうか。

 

捨て始めるとあれもこれも、と意外に捨てられるものだ。

 

まだまだ整理できてないところがあるが、目標8割にまで減らす!でちょくちょく片付けをしたい。

 

最大の敵はぬいぐるみ達である……売るのも嫌だが(他人が使うのが嫌だ)捨てるのも辛い……し怖い。うーむ。

 

 

 

 

園での子どもが心配なお母さんに

保育園に通わせていると、『〇〇ちゃんがもう遊ばないって言った!!』『〇〇くんに叩かれた!』って家庭で子どもが泣きながら話すことも多いのではと思います。

 

先日Twitterでもそうしたお母さんの心配する声を見かけました。『何もしてないのに意地悪するとかひどい』『同じ小学校に行くのに不安。変えようかな』など。

 

保育士の視点から見ると、正直ちょっと待っていただきたい。

 

よく連絡ノートにも『昨日うちの子が〇〇くんに叩かれたと泣いていたのですが……』と心配されたお母さんが書いてこられます。園の状況、姿がわからないため心配するのは無理もないこと。そう聞いただけで『〇〇くんってどいつだ!!』『ひどいやつだ!!』ってなりますもんね。

 

でも大抵そうした場合『流れ』があります。

 

ぶつかって転んだのに、ゴメンネを言わなかった

使っているおもちゃを、気付かず取ってしまった

話を聞いてくれない

ままごとで遊ぼうって約束してたのに、他の子とお絵かきをしていた

 

などなど。

 

もちろん〇〇くんも悪いのですが、その前には必ず『うちの子』が〇〇くんと関わっているのが殆どです。

 

『何もしてないのに、』はよく子どもたちのケンカで出てくるセリフ。しかし実際聞けば、『何もしてない』ことはなく、『何もしてないつもりだけど、友だちを不快にさせてしまった』ことがわかります。

 

お子さんのいうことを信じるのは母親として百点満点、子どもだってお母さんが聞いてくれて、味方になってくれて安心します。

 

けれど、『〇〇くんはひどいやつだ!!!近づけないようにしなくては!!』『一緒に遊んじゃダメよ!!!』というのはもったいないです。

良くも悪くも名前が出てくる子はお子さんが興味ある子。関わりたいと思ってる子。でなければ傷つきもしないし、話題にしません。そして次の日にはケロッとしてなかよく遊んでいたりします。1度拗れると長い大人と違って、子どもの人間関係はそんなものです。

 

お母さんたちにしてほしいこと。

子どもが泣いて訴えてきたら優しく話を聞いてあげてください。

ただそれだけです。

一緒に〇〇くんを責めてはいけません。

 

『うちのお母さん、〇〇くん嫌いなんだよ』

 

そんな言葉を子どもから聞いたことがあります。

とても悲しくなりました。(その子自信は別に〇〇くんを嫌いじゃない、といいます)

 

考えてみてください。

他のお母さんが、お子さんを『嫌い』『一緒に遊ぶな』と家庭で言っていたら?

また、自分の母親が、自分の友だちを悪く言っていたら?

 

園の姿を知らない、

だからこそ『嫌い』と断言してはいけないですよね。

側面だけ見て『あの人嫌い』と偏見を持つより、

『あの人こういう所はすごい』と相手を認められる、相手のいいところを見つけられる

そんなお子さんにしたいですよね。

 

話は逸れてしまいましたが、園でのケンカは日常茶飯事。ケンカをして、『なんで怒っちゃったんだろう?』『こう言われたら腹が立つ、悲しくなる』『どうしたらまた仲良くなれるかな?』を学んでいます。

 

暖かくその心の成長を見守っていただければ、と思います。

 

 

 

 

 

 

「手ェ離したら……殺すぞ」

殺すで、でしたっけ。

2回も見たのにあの低音ボイスで興奮して語尾がうろ覚えです。

 

わかる方には分かりますね、コナン映画21作目、から紅のラブレター観てきました!

 

もう毎年恒例で観ていて

『また爆発してるー!!』

『また序盤から大事件起きてるー!!!』

『またサッカーボールとサスペンダー大活躍してるー!!』

『今年は博士来ないと思ったらキタ━(゜∀゜)━!!ww』

 

とツッコミどころ満載で楽しんできました。

2回目見て思ったのが、

平次は序盤のピンチの時「無理や……1人ならな!!」「工藤ォ!」と工藤くんをめっちゃくそ頼りにしてましたが、コナンくんはピンチの時必ず「蘭……!」と蘭を思い浮かべますね!!愛の力で頑張る工藤くん!!!最近はもっぱらピンチなのは蘭姉ちゃんよりコナンくんですが。

 

ビルの(ネタバレますよ!!)屋上に取り残された時はほんと、「こんなちっさい子になんて過酷なことを!!」って思いましたが、どこかで「出てこないのわかってるけどキッド来ないかなーふふふ」とか思ってたのほ私だけじゃないですよね!!!あと平コ(すみません腐ってますよ!!)で川に落ちるシーン……よかった……びしょ濡れに誰も何もつっこまなかったけど……(笑)2ケツもよかった……平次のバイクもコナンくんのスケボーも頑丈ですね!!!!

 

 

2回とも印象に残ったのは、やはりあのセリフ!!!服部の見せ場ですね!!!!

 

「手ェ離したら……殺すぞ!!」

 

殺すで??(冒頭に戻る)

 

初見から「ん?????」

と引っかかっていたのが、

「殺す」という言い回し。別にひどい!!とかじゃなくね。それだけの危険と本気が感じられてよかったんだけどね。

 

「手ェ離したら死ぬで!!!」

が普通だと思うのよ。

 

それが、「殺すで」。

 

ちょっとした違いだけど、平次の気持ちが全然違ってくると思うこの言い回し。

 

死ぬで、

は和葉が手を離したら、

   和葉が死んでしまうぞ、

ということで、「和葉次第」

ひどい言い方をすれば「手を離したら死んでも仕方ない」ってニュアンスにもなるけれど、

 

殺すで、

は和葉が手を離したら、

  オレ (平次)がお前(和葉)を殺してしまう

「そんなのは嫌だから絶対離すなよ!!!」

「お前の判断でお前の限界で手離すなよ、それは俺が許さない!」

 

という平次の強い「意志」が感じられる気がします。

死ぬは受動態?殺すは能動態??あってます??

 

……まあ単に口が悪かった、本気だった、っていう可能性もあるけれど。

 

とにかくあの場であのセリフを生み出した脚本さんはすごい。

 

2回ともゾワっとしました。

 

平次はギャグとしてしかみてなくてごめんね……(いや、好きだよ、うん)

 

 

 

 

それにしても最近コナンくんが大変な目に遭うのが定番になってきましたね!!!ほぼ無傷なのがほんと!!!さすがやで工藤!!!!

 

来年あたりそろそろ蘭姉ちゃんが危機かな???

水中で人工呼吸してた(酸素わけてた??)のが懐かしい。

このままだとコナンくんが赤井さんあたりに人工呼吸されそうで怖い。ジョークです。

 

来年の映画予告はやっぱり安室さんの

『……ゼロ、』

でしょうか。

停電??

去年は(つまりから紅)すーぐ服部いいい!!ってわかり易かったのになー

 

純黒から間もないのでできれば黒の組織と赤井さんはそっとしておいて欲しい……人気うなぎ上りだから無理かな……チャンスだと思ってるのかな

 

松田さんあたりを……って思ったけど、映画でやれるのかってとこもあるし、また爆発かよ!!っていうね。

 

そろそろ恒例の海とかくるのかな???ww

 

来年も楽しみにしましょうー(*^^*)

 

 

 

 

 

ルパコナもやっていいんだよ!!!!!!!!!!!

 

(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

祖母の命日

厳しくも優しく温かかった祖母が亡くなって1年。

仕事が休みのため、用足しに出て、たまたま買い物を思い出し、近くのデパートに寄った時に気づきました。

 

一年前の今日。祖母が亡くなった知らせを受けて、仕事を早退し、慌てて喪服を買いに行ったデパートでした。

 

あの日の事は鮮明で、本当に1年も経ってしまったのだろうか、と不思議でなりません。

 

祖母のこと、あの日の事を思い出しながら歩き、たまたまトイレに行きたくて探していたら、トイレのすぐ近くに喪服を買ったあの店が。不思議な偶然です。

せっかくなので、喪服に合わせたパールネックレスを買った店で、またネックレス(パールではないですが)を買ってきました。なにか、毎年この日に意味づけをしたかったのかもしれないです。

それから祖母の好きだったモンブランを買って帰宅。

仏壇に供えられなくてごめんね。

今度実家に帰るからね。会いに行くからね。

 

 

祖母が今この世にいないことに対しては、

未だに受け止められてないのか、

認めたくないのか、

それとも消化出来たのかよくわからないけれど、

 

「泣く」ことを抑えてしまいます。

 

祖母は幸せだった、

夫を支え、

3人もの子どもを育て、

孫もいて、

ひ孫の誕生にも立ち会えて

 

私にはまだ何一つ成しえていないことをできた祖母は、

幸せで、立派で、

私の誇りだと、

そう思いたいのかも知れない。

 

泣いてしまってはいけない。

祖母が満足して旅立ったのだと思いたい。

 

ありふれた言葉だけれど、

祖母は身体こそないけれど、

私の心の中に、記憶の中にしっかりいる。

私を呼ぶ声も、しゃべり方も、温かいけどシワシワの手も、気持ち良い頬も、

ずっと憶えているから。

 

それで十分だ。

 

 

 

 

結局これを書きながらないてしまったけれど。

 

過半数の人間関係

元々人間関係は面倒だが、この頃特に感じるのが『過半数の人間関係』(←今勝手に名付けた)の面倒くささだ。

 

これは友だちグループが3人以上から発生する現象である。

例えば5人の友だちグループがあったとする。

5人でよくでかけたり、集まってご飯を食べる。

これなら問題は無い。

 

ある時、たまたま5人のうち2人が買い物中に会い、カフェでお茶を飲んだ。これも問題ない。

 

別の日、5人のうち某俳優が好きな3人でその俳優が出る映画に行く。他の2人にも声をかけたが、興味が無いため『行かない』といい、これも問題ない。

 

ところがある日、帰り道が一緒になった5人のうち4人でそのままご飯を食べに行った。残りひとりはその日外出していて、あえて知らせることもないだろうと知らせなかった。

 

ここで過半数の人間関係の問題が発生する。

もしこれが、5人のうち2人がご飯を食べに行って他言しなかったのなら問題は無い。しかし、過半数の4人が行ったことで、しかも『残りひとりを誘わなかった』ことで悪気がなくとも『仲間はずれ』の形になってしまうのだ。

 

家が近い、

趣味が合う、

独身、

外食が好き

いつもひま、

 

などこれはいろんなパターンで起こること。

悪気がなく、集まった方誘った方は『仲間外れのつもりじゃなかった』となるが、過半数から外された方は『選ばれなかった』と感じてしまう。

 

人数が多いほど、全員予定があわなかったり、『そんな大がかりな集まりじゃないから……』と数人でだけ集まって……ということがあるが、それが過半数になればやはり残された方はいい気がしないので気をつけるべきだ。

 

 

少し見方が変わるがこれは『赤信号を渡る時』という状況でも似たようなことが起きるのではと思う。

 

車の通りが少ない、小さな横断歩道があるとする。

信号を無視して通ることもそんなに危険ではなく不可能ではない。

 

そこで、

①信号を待つ人→3人

    無視して渡る人→1人

という状況だと無視してる側が『悪』の扱いになる。

待っている人からすれば『信号を守らないなんてけしからん』『ああいうやつが事故るんだ』といい印象はしない。

ところが、

②信号を待つ人→1人

 無視して渡る人→3人

ならどうだろうか。

渡る人からすれば、『そんなバカ丁寧に待っていて……臨機応変に渡ればいいのに』とちょっとした優越感を感じるし、待つ側は自分がまるでアホらしく思える。

 

もちろん私のひねくれた感覚なので、全員がそう思うわけではないだろうし、確固たる信念を持って渡らない人(確固たる信念で渡る人は少なそうだが)もいるだろう。

 

しかし過半数が『正義』『強い』『優位』と思ってしまうのは多くの人にあることではないだろうか。

 

 

また、自分が過半数から外された時、やはり『劣等感』を感じてしまうのだ。

 

人間関係はつくづく面倒で難しい。

 

(こんなことを考えている時点で私にサバサバした付き合いは無理そうだ)

 

エステサロンにて

 

エステサロンといっても2か月に一回通う脱毛なのだが、私が行っているサロンはまぁ最近とにかく勧誘がすごい。いや、どこもそうなのだろうか。

 

今日も処置を終え、処置室とは別の、小スペース=カウンセリングルームに通される。『カードを返しますので』という名目だけどカードなんて処置室で返せるじゃん!!次回の予約ももう入れたしなにすんねん!!!とツッコみどころが満載だ。でもカードを返してもらわないわけにも行かず(というか処置室を出るとスタッフさんが待機している)、カウンセリングルームへ。

 

カウンセリングルームでは毎回やれハロウィンだ、クリスマスだ、と『お得(らしい)企画』が紹介され、「決断は今だけしかできない」と、謎のプレッシャーをかけられ追加の脱毛箇所やエステを勧められる。高額(私にとって2桁万円は高額だ)な購入を即決しろと????テレビショッピングかよ!!

 

さて今日はどんな企画が用意されているのか……やっぱり新年モノかな……新年モノってなんだよ……なんの課金ゲーだよ……

 

カウンセリングルームに通され、ついさっきしたばかりの次の予約を確認されつつカードを返される。〇〇の箇所はあと何回、〇〇は次で終わりですねーという会話もさっきしたわ!!むしろさっきお前が言った日付を私が覚えているのになぜお前は覚えていない!!なぜカルテを確認する!!!つい「〇月〇日ですよね」と先走って言ってしまう。

 

さて、カードを返されてからが本題だ。

私がカードを財布にしまっていると、『今お正月企画で~』と始まった!!!きたきたきた

カウンセリングルームに入った時から視界にくっそ入り込んできたでかい抽選箱の出番である。

『ハズレもあるんですけど、よかったら1枚どうぞー』

 

『あっ、いらないです』

が本心だったが、まあ引いて強制的に金払うことにはならないだろうととりあえず一枚引く。

 

 

と……特賞?

 

 

そもそも何等まであり、どんな景品が当たるのかは張り出されていない。そんなくじあるのかよと今書いてて改めて思う。特賞は何本入っててどれだけすごいのか全くわからず「えっと……」しか言えない私

 

『特賞……!10万円引きです!すごいです。1等は5万円引き、2等は3万円引きなんですよ!』

 

そうか、それはめでたいとおもいつつ私の猜疑心は揺るがない。

 

問題は何から10万円引きか、だよ。

そんな手放しで喜ぶほど甘い社会で生きてきてないんだよ!!!

 

 

案の定出されたのはコースのセット。三パターンくらいあったが、10万円引いたところで一番安いのでも17万円は自腹だ。アホか!!誰がそんなのに乗るかよ!!!

だったら10万円欲しいわヴァァァアアカ!!!……と、某ロシアンヤンキーに蹴り倒して欲しいほどだったが、表情はとにかく冷ややかだったと思う。というかルーム入ってから目を合わせていない。

 

というか『ハズレある』といいつつ、

特賞2割

1等4割

2等3割

ハズレ1割

とかなんじゃねーの

 

そして原価考えると割り引いても損しないようになっている……

わたしの疑い深さをなめんなよ!

 

 

驚いたことに、いつもなら『断るなんてもったいない!!』

と15分はグイグイ押してくるのに今日は『すみません』というとあっさり『わかりました、破棄しますね』と終了した。

 

私が断り続けてるからついに諦めたか??

それとも『特賞』はもしかして1割くらいで、さすがに10万円引きは痛いから『あっ……やべーわこいつ特賞引きやがった、辞退しないかな』と思って引いたのか、それはわからない。だって何がどのくらい入ってるなんて掲示されてないんだものね!!

 

とにかく運が良かったのか、それとも店の手のひらの上だったのかははっきりしないが、とりあえずあっさり勧誘がおわってホッとした日であった。

 

運が良かったとしたらこんななにも貰えないところで特賞を引くなんて……とある意味運が悪いのではないか。

 

『(こんな場所で)今年の運を使っちゃいましたねー(笑)』

 

と、さり際本音を吐いてしまったことを許して欲しい。

 

 

次回はどんな勧誘が待ち受けているのか…

億劫だが楽しみだ。

 

 

 

 

 

 

 

スマスマお疲れ様でした。

根っからのSMAPファンではないし(むしろV6担である)、スマスマも小さい頃見ていたくらいでかれこれ10年以上見ていない。そもそも小さい頃が小学生くらいなので内容もほとんど覚えていない。生卵飲んでたなーとか、キムタクがうさぎの着ぐるみ着てたなーとか、料理作ってるなーとかそれくらい。

 

しかし、なんとなく見てしまい、泣いてしまった。

 

デビューは私が生まれた年だ。

その時あどけない少年だった写真が流れ、

この時彼らはこんなにも長く愛され、有名になる、そしてこんな終わり方をするということを知らなかったんだと思うと切なくなった。

 

SMAP以前にもジャニーズはもちろんいたが、SMAP以降と以前でまた毛色が違うように思う。TOKIOもV6もKinKiも嵐も、その更に若いジャニーズグループたちも。人気が出る、長く続くということはそんなに簡単に出来ることじゃない。しかも自分が頑張れば出来ることでもない。

 

28年。

すごい数字だ。

忘れようにも忘れられず、

なかったことにも

塗り替えることも出来ない思い出。

 

 

スマスマの最後、世界に一つだけの花を歌うSMAP

背後にたくさんの花。

 

解散、という別れ。

 

なんだかお葬式のようだな。と思った。

 

春に祖母が亡くなったことと重なった。

 

グループの解散は、人の死と似ている。

 

実際SMAPの面々は死んでしまうわけではないけれど、

もうSMAPとしては会わなくなる。歌も聞けなくなる。

 

Twitterで『泣くなら解散しなきゃいいのに!解散しないで!』というファンの言葉をたくさん見た。

わかる。すごくわかる。私もV6が同じ道をたどったらそう叫ぶに違いない。

 

けれどこれは、『死にたくないなら死ななきゃいいのに!』と祖母に言うようなものなのかもしれない。

 

病気を患った祖母。

当然生きたかっただろう。

ひ孫の成長をもっと見たかっただろう。

元気に畑に行きたかっただろう。

 

でも、病気だったのだ。

 

 

SMAPも同じなのかもしれない。

ファンのために、続けたかった。

諍いの姿を見せたくなかった。

5、60年一緒にいたかった。

 

でも、もう治せない病気だったのだ。

 

祖母が自分の体をもうどうしようもなくなったように、

彼らも自分たちに生じた歪をもう、どうしようもなくなったのだ。

 

祖母が、何もわからず寝たきりになる前に旅立ったように、

彼らもファンを思ってこそ、今の場所を旅立ったのかもしれない。

 

続けて、とファンはいうかもしれないけれど

 

SMAPにとって、ボロボロの姿をファンに見せたくなかったのではないか。

 

 

 

 

とにかく言える事は、今までありがとう。

 

本当にこの言葉に尽きる。

 

たくさん元気を貰ったのだ。

 

彼らの今後を、暖かく見守るのが

恩返しでは、と思う。

 

 

 

ありがとうございました。

お疲れ様でした。

 

 

 

 

祖母の言動が私の生活のあちこちで甦るように、

SMAPの曲も、メンバー一人ひとりも、

きっとこれからも日本中の人の心の中に残り続けるだろう。