あたまの中の引き出し

備忘録のような分析のような日記のような

感謝されるのは好き 褒められるのは苦手

ほんと自分の性格の歪んでるところなんだけど

感謝されるのは素直に嬉しいし好きだけど、

自分がしたことで褒められると疑心暗鬼になってしまう

なんて返したらいいかわからない

 

得意分野で活躍した時

「すごい!さすが!あなたに頼んでよかった!!」

「なんでこういうことできるのー!?さすが!」

「◯◯さんがこんなにうまいから下手に私できない!」

 

褒められるほど、疑ってしまう。

裏を読んでしまう。

 

またやらせようという魂胆で褒めてるのかも……。

本当はダメなところあるけど、頼んだ手前、しかも『得意』な相手に対し言えないのかも……。

ほんとはやりたかったのに、私が仕事をとってしまったのかも……。

 

超ネガティブというか、どういう育ちしたんだって感じですが、ほんともうどうしたらいいのやら。

 

 

褒められて素直に『ありがとうございます!』『またいつでもやりますよ!』って言えればいいのに、

「うわ調子乗ってる」

「ほかの人に頼みづらい……」

って思われてるんじゃないかとか。

 

だから得意分野でも立候補ができない。

本当はやりたくても、前回やった、となると『おまえばっかやりたいんじゃないんだよ!』『得意だから張り切ってる』

って思われるのも嫌だし

 

毎回出来たものを持っていく度過剰なリアクションで「なにこれー!?すごすぎ!!見てみんな!!」なんて褒められるとさっき言ったような疑い深さが出てしまう。

 

かといって『すごい』と言われないような手を抜いたものも出来ないし、手を抜いた時にがっかりされるのも嫌だ。何より好きな事はとことんやりたい。

 

ジレンマだなぁと思う。

 

かといって「◯◯さんやって!上手だから!あたしたちにはできないわ!」なんて言われるのが続くと、あれ?押し付けられてる???なんて思ってしまう自分も嫌だ。

 

本当わけわかんない人間だなぁと反省するばかりだ。

 

 

そんな中「わたしなんかでよければ!」

「こんなんでよければいつでもやりますよ!」

という言葉を聞いた。

謙遜しつつ、やる気も見せて、なおかつ相手に強制もしないで判断を委ねる。

 

そんなすごい一言を明るく言えたらどんなに周りが喜ぶだろうか。

 

相手に恩着せがましくなく、それでも役に立てるような自分でありたい。

 

次自分が役に立てる時が来たら、「私でよければ」と提案しよう。それが私のいる『価値』であるのなら。

「まあやりたくないならほかの人に頼むからいいよ」と言われるくらいなら喜んで引き受けよう。

 

『価値ある人間』でいたいから。