あたまの中の引き出し

備忘録のような分析のような日記のような

腐女子と合コン

 

久しぶりに書くタイトルじゃない気もするのだけど。

 

先日、合コンに行ってきました。

飲み会という名の、実質合コン。

もともと男が苦手、というのもあってこういう飲み会もほぼ初めて。(ほぼってなんだ、見栄を張るな)

 

普段からアイドルとかイケメン俳優とか2次元とか見慣れすぎて、リアル男子を見ても「お……おおう!」としか感想は抱かなかったのだが、まあなかなかない経験だったので楽しめた。

街ですれ違う男性を見ていても9割「うわーこの人とは手つなぐのも無理だわ」って感じの私。稀に「2次元かよ!!」ってイケメンが歩いてるとほんとガン見しちゃう。=付き合う、結婚じゃないんだけども。

 

何年か前に雨の交差点で見かけたちょっと厨二坊ちゃん風美少年とか、

呉服屋で働いてた着物が似合うスパダリ風男性とか、

ケーキ屋のちょっと体弱そうな美青年とか。

 

そんなのは稀なんですよ。

だから見かけると興奮するんですけどね!

 

話がそれましたが、なんやかや楽しかった合コン。

そもそも男性陣は知り合いの男の人(以下Aさん)が集めてくれたメンバーだったんですが、ここで眠らせていた腐女子の血が騒ぎ出したのです。

 

メンバーみんな、Aさん大好き。

 

(*゚0゚)ワーオ

 

Aさんの隣を陣取り、こそこそ話したり、

「Aさん大好きでっす!」宣言したり、

Aさんの話を楽しげにする皆さん……

 

女性陣からすればAさん(だが男である)の取り合いかよ!!

と置いてきぼりを食らうところでしょうが、

1人ウキウキしてきた私……

 

ダメだ……もう完全に腐った目になってしまっている……

一般女子に擬態したものの脳内は完全にあれやこれや

 

挙句某彼(Bさんにしますね)から「Aさんと2人で映画行った」ネタをいただきましたー!!!!ゴチです!!!!

 

男2人で映画て!!!

 

 

もうさ、

Aさん(彼女持ち)←Bさんという構図がね……

    ↑         なんならそこに

Cさん(Aさんの同僚)

でもいい……

 

「お前オレと映画もいいけどさ、いい加減彼女作れよー」「まさか女に興味無いとかじゃないだろ?」

といわれAさんに誘われ合コンに来たBさん。

でも本命はAさんだからどの女にもなびかないBさん

「だって僕が好きなのは────」

 

 

……つら!!!!(;Д;)(;Д;)

 

こうなると

「彼女いないんです」も意味深だな……

 

「彼女いないんです(だって僕にはやっぱり彼しかいないから…)」

 

 

……つら!!!!!(;Д;)(;Д;)

 

 

万が一、私とBさんと付き合うことになって、BさんがAさんをまだどこかで追っていたら応援したい。彼女として応援したい。上手くいったらそれはそれで。私は二番目の女でいよう、そのかわり定期報告は忘れないでいただきたい。

 

そんな不埒なことを考えながら社交辞令メールに返事したのだけどかれこれ1週間……それっきりである。

不埒な考えがバレたかな。

それとも合コン後、2人の間になにか発展が……!?ドキドキ。

 

「お前、アドレス交換した子とやり取りしてないの?」

「っ……するわけないだろ!」

「はぁ?なんで怒ってんの?そーいうとこで草食だからお前は……っおい、何」

 

壁ドーン(ノ*°▽°)ノ

 

「僕が、草食だって……?」

 

とかなんとか。

だめだわ、妄想ばっか捗ってしまう……自重自重。

これだからダメなんだろうなーー

男の人二人以上いれば腐った目で見てしまう……

そうか、一対一のお見合いが向いてるのかな……

 

Bさん、返事いらないからAさんとこれからもお幸せに……

映画行った報告とか待ってます☆

 

 

 

(´Д`)ハァ…