あたまの中の引き出し

備忘録のような分析のような日記のような

宝くじ

友だちから『宝くじを一緒に買おう!!』と誘われた。

私は人生で一度も買ったことがない。親がそういうのを買わなければ買わないのではないだろうか。

 

一万円分、と聞いてビビる。

まじか。

 

別に現実主義者ではないし、ギャンブル的なものも嫌いではないが、見返りの薄いものはあまり好きじゃない。

 

当たる時は5枚買っても当たるし、

当たらないときは100枚買っても当たらない。

主義である。

数撃てば、じゃなく運命を信じる人間なんだなーと改めて気づく。ロマンチストだったのね。

 

宝くじだが、300円、3000円、1万円、100万円……と当たっていくらしい。

 

ならば3000円分買うのが妥当な気がするのだがどうだろう。

300円当たっても2700円の損だからまぁ諦めがつくし、1万円当たったら7000円の黒字!!

ギャンブルにはちょうどいい気がする。

(1万円買って3000円当たってもまぁそりゃ当たるか、くらいにしか思わないし、1万円当たってもプラマイゼロ)

 

宝くじを躊躇うのはそれだけではない。

ひとりで買うならともかく、友人と……なんてなんだか恐ろしい。

当たらなければ御の字だが

もし片方が高額を当てたら。

隠せるわけもなく、人間関係が歪みそうである。

お金ほど人間関係を壊すものはない、気がする。

 

同じ1万円を使うなら、個人的には

 

お年玉付き年賀はがきを150枚くらい買う。

景品が当たればラッキー

(ちなみに一等は10万円)

当らないハガキで、懸賞に応募

(2000円くらい余ってるので雑誌をいくつか買う)

欲しいものを狙ってもよし

高額家電を狙って売ってもよし

現金でもよし

 

 

150枚あれば宝くじより何かしらあたるのではないかしら。

 

性格わるいかしら。

 

ふつーに宝くじ買う人の方が純粋な気がしてきたな……

 

 

 

しかしなんだかんだ流されて1万円ドブに捨てる展開が目に見える

 

おやすみなさい