あたまの中の引き出し

備忘録のような分析のような日記のような

間違えたとき

よく浮かれてる時や時間が無い時にミスをするのですが、

ミスをして迷惑をかけてしまった時、相手の反応が気になります。

そんな、お前ミスした立場で何言ってんだって感じですが、逆に自分が迷惑をかけられた時こう対応しようかな、と考えるきっかけになります。

 

 

例えば。

 

Aに頼まれて、ジャガイモと玉ねぎとにんじんと牛肉を買いに行った私。

間違えて牛肉ではなく豚肉を買ってしまいました。しかもひき肉。

なんとカレーを作るつもりだったらしい。

 

A「私ちゃんが悪いわけじゃないよ!!私もカレーを作るって言っておけばよかったし!そもそも自分で買いに行かなかったわけだし!ごめんね!」

 

へこみますよね……。

 

いっそ責めてくれよ……。

 

まず、間違えた時点で私のミスである事は確実。

そこを認めて欲しい。

でないとひたすら私は「私のせいで」を繰り返すはめになる。言葉でも頭でも。

 

そしてAさんが自身を責め始めたら私はそちらも否定しなくてはなくなる。「Aさんはなにも悪くないじゃないですか!私が悪いだけです!」を言い続ける地獄。

 

例えば、「あちゃー!いや、でもレシートあるし取替えてもらえるんじゃない?」

 

なんて言ってもらえれば、「ごめんなさい」と謝ることもでき、それを「許してもらい」、「解決策を一緒に考えて」もらえる。

 

A「いいよ!大丈夫!カレーは今度にして今日はハンバーグにするから、気にしないで」

 

も、一瞬解決策っぽいけれど、『私のミスでAさんに迷惑をかけた』感がじわじわ強まって借りを作ったどころじゃない。

 

相手のミスに対して、「落ち込むだろうから責めてはいけない」という気持ちは大事。でも「ミスしたことに共感して認めてあげること」も大事。

 

相手が挽回するチャンスを作ってあげる。

 

…………なんて、ミスばかりしてる私が言える話じゃないんだけども。

もし誰かがミスしてしまった時には、相手の「迷惑をかけてしまった……」という気持ちを否定せず、大事に受け取って、改善策を一緒に考えたいものだ。