読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたまの中の引き出し

備忘録のような分析のような日記のような

情は人の

情けは人の為ならず、

 

昔の人はなんて的確な言葉を考えるんだろうか。

 

職場でミスをしてしまった。

明らかに私の過失。

 

私自身で上司に謝り、代案を立てて……というつもりだったのだが、先輩がどうにかならないか、とフォローに回ってくれていた。私には技術のない部分で、何時間も手がないか尽くしてくれた。

 

怒られるのを覚悟で、上司に説明し謝罪すると、

「してしまったことは仕方ない。今からどうするか考えなくては」

と、私が思いつかなかった代案を立ててくれた。

しかも、私が迷惑をかけた相手方に頭を下げなくていい方法で。

 

「先輩方にもいろいろやってもらって迷惑かけてしまったんです」

 

と言うと、上司から

 

「あなただって、困っていたら助けるでしょ?」

 

と言われた。罪悪感から、一気に感謝の気持ちに変わる。

 

ここは。

「迷惑かけてごめんなさい」

ではなく、

「助けていただいてありがとうございます」

 

なのだろう。

 

情けは人の為ならず。

 

今まで特に見返りを求めて誰かを助けるという意識はなかったが、(ものすごく厚かましい考えなので人前でいうものではないが)今回助けてもらった時、自分の今までの行いが正しかったのだと安堵した。

 

 

今回助けてもらった嬉しさ、優しさを忘れず。

 

これから何のためらいもなく人を助けられるような人間でいたい。

 

 

ミスは結局取り消すことは出来なかったが、

先輩や上司の優しさに触れ、感慨深く思った1日であった。