あたまの中の引き出し

備忘録のような分析のような日記のような

『怒り』観てきました。

綾野くんが気になって仕方ない……!!

 

ということで『怒り』を観てきました。

感想を見ていると

「重い」

「辛い」

「ホモ……」

 

…………うーむ(笑)

浸るためにひとりで見るべきか、

重さを分かち合うために誰かと見に行くか、

悩んだ末ひとりで行くことに。

 

結論としては『あいつ腐女子だろ』的な目で見られてるんじゃ……という妄想さえ抑えられれば1人の方がいいかなぁ……

メンタル弱い人は複数の方がいいかなぁ……

 

でもあの内容を分かち合える気がしない……

 

 

以下興味もってる方向けの軽いネタバレ含み

からの、観た方向けな重いネタバレ含み。

 

段階分けするので用途によって読んでもらえればと思います。

 

まず軽いやつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ホモが……ものすごくホモだった……というかゲイか。

冒頭なんてそういうビデオ見せられてんじゃねーのくらいな勢いでびびっちゃったよね……

隣が御夫婦だったんだけど、というか男の人結構いた(夫婦かカップル)んだけどどんな心情で見てんだよ……

 

しかし綾野剛が可愛すぎる……

同じくゲイ役してたクレオパトラな女たちを思い出す……まんま黒崎裕じゃないの。料理とかしちゃうし。料理に合う男。というか同棲が似合う。あと自転車。

 

綾野剛

森山未來

松山ケンイチ

が容疑者なんですが……そうか、顔似てるかー

と途中で気づいて笑ってしまった(遅い)

 

原作だとどう表現してるんだろう。ちょっと気になる。

 

人物多そうな割に、あとあちこち場所と時間飛ぶ割にわかり易かった。宮崎あおい蒼井優混ざってる人間なので、ずっと蒼井優だと思ってた。

あと綾野剛しか意識してなかったので終わってから広瀬すずちゃんだと知る……なんていう芸能人オンチ……演技力すごいね

 

R12らしいけどあれが12なのってどうなの……

15くらいでいいんじゃないのと思うけど。

 

参考までに。

ホラー要素 ☆

グロ要素     ☆☆☆

男女要素     ☆☆☆☆

ホモ要素     ☆☆☆☆☆

ミステリ     ☆☆

 

男女要素はれいぷがあったので苦手な方ほんと注意です。

ネタバレかもしれないけどこれは正直ムリな人ムリだと思う。私自身ホモは全然平気だけど男女の、しかもむりやり……が本当ダメで怖かった……

2回目行ったとしてもそこは見たくない。抜け出す。

 

 

あと、演技力がみんなすごい。

 

↑なんつーチンケな感想だよ。

 

 

世間の感想で構えてたほど重い!!怖い!!ってわけではなかったけど、多分それは腐女子的にもう綾野剛視点で考えてるからかな……後日談妄想したい……いや、帰り道から既にしてる……妄想内容は続きで。

 

 

 

 

ネタバレ。結構重いやつ。自己責任で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というか、見終わって思ったのが

『沖縄行きたくない』

だったんだけど沖縄的に大丈夫なの???

れーぷシーン見てガチで気持ち悪くて怖くて米兵への嫌悪感増したし(上手すぎるんだよあの米兵役の演技なんだよOh…Yeahって)海綺麗とは思ったけど行きたくない。

 

そしてよくよく考えたられーぷされたのあの少年のせいだよね??あいつがいなくなるからじゃねーかー!!!って帰り道ずっとイラついてた。森山未來に会って飲んだからってのもわかるけどさ!?森山未來が助けなかったのも原因だけどさ!?ああいうやつ腹立つわー いや、一番はあのOh…Yeah野郎だけどな!!!

 

沖縄への印象が悪くなった、という感想。

ほんとはそんな事ばかりじゃないし、島の人もそれを許してるわけじゃないってのはわかってるんだけどね

 

 

あと

 

綾野剛はやっぱり犯人じゃなかったかー。

最初胡散臭かったけどね、すごい写真似てるし。

でも綾野剛そういう役めったにないよね……

 

世間の感想で

腐女子はラスト必ず泣く!』

って言うんで犯人か?とも思ったけど違うとわかり、薄々勘づく死ネタ……死ぬ時までイメージ通り……病気持ちとか…………孤児院育ちとかさ……そしてゲイ……そういう陰あるの似合うよね

 

案の定私もボロ泣きでしたよ!

隣の奥さんは時間差で泣いてたよ!!

松山ケンイチを連れ戻すあたり!!そこかよ!!

そこはむしろ唯一ハピエンになったとこだろ!!

 

悔しいので綾野剛と妻夫木のその後を妄想しながら帰った。

途中事故りかけたけど。

 

まず本編で綾野剛(すみません役の名前覚えられないんでこのままいきますね)が死んだ、と断言されてないことにお気づきだろうか。

死体に会うわけでもなく、墓も作ってない(やるかと思いきや)。ので、実は病院に運ばれて一命をとりとめたんです。

 

カフェの女の子には『死んだってことにして』って伝えたものの、妻夫木のあまりに落胆した姿に見るに見かねてあの後病院の場所と部屋番号書いたメモを渡すカフェ子。ハッとして走り出す妻夫木。そして再会。「なんで……」「同じ墓に入るんだろ、」みたいなやりとり。いちゃいちゃ。妻夫木が金を出し、心臓移植。そして成功し1年後2人は穏やかな日々を送っていた……

 

 

 

 

よし、満足だ。

 

怒りを観て『なんで松山ケンイチは幸せになったのに綾野剛は……』と怒りを覚えた腐女子の皆さんに捧げますね……。

元気だして。

 

あれ、そういえばつい最近もそし誰で『日下くんは死んでない!!生きてる!!』って言ってた気がする……なんなん……最近好きになった人が死ぬんだけど……生きてよ……

 

 

 

 

ところでタイトル『怒り』はなんだろう、

森山未來が会社から受けたことへの『怒り』、

そして、奥さんからのお茶という優しさ(憐れみ)による『怒り』

すずちゃんが米兵からされたことへの『怒り』

少年の、好きな子を守れなかった自分への『怒り』

妻夫木の、好きな人を信じれなかったが為に最期に会えなかった自分の気持ちへの『怒り』

松山ケンイチの、両親からの理不尽な借金を受けたことへの『怒り』

 

……ほかにもいろいろあるだろうけども。

まとまったタイトルのようでそうでもないような……

ハサミでやっちゃった少年の両親があの殺人事件の被害者とかならあれだけど。それもご都合すぎて変かな。

 

皆さんの考察でも読んで回ろう。

 

 

おやすみなさい。

 

(大したネタバレではなかったな……

)