あたまの中の引き出し

備忘録のような分析のような日記のような

他人に怒られる

前々から思ってたけど、赤の他人に怒られるのがものすごく怖い。

というか、凹む。

当たり前な気もするけれど、結構ダメージデカくて、色んなことに一気に不安になる。

 

知人に怒られるならまだいいんです。弁解だってできるし、「わー!ごめんなさいー!!」って謝ることだって出来るじゃないですか。

 

これが二度と会わないかもしれない他人となると別。

「相手を怒らせてしまった」

「不快な気持ちにさせてしまった」

「私のことをずっと恨んでいるかもしれない」

「『こんなやつがいた』って言って回るかもしれない」

 

その、いつまで続くか分からない、私に向けられた『苛立ち』『恨み』『腹立たしさ』というマイナスの感情が怖いんだと思う。

 

「どうせもう会わないんだから気にしなくていいじゃん」

って考えができればいいんだけど。

 

「そんなことで怒る相手も心狭い!!」

って逆ギレできればいいんだけど。

 

 

例えば 自転車のライトをつけず走っていて怒られたり

             一方通行の道を間違えて入って怒られたり

             ゴミの出し方を間違えて怒られたり

             駐輪してはいけない所に知らずに停めてしまい怒られたり

 

自分に非がある、けれど悪意はない。

そういう時に怒られると本当に泣きそうになる。

 

悪意がない、

なんてことは初めて会った他人にわかるわけもない。

 

結局悪いのは自分なのだ。

 

だから極力怒られないよう、知らずにルールを侵さないよう気をつけてはいるのだが……ちょくちょく失敗してしまう。

 

怒られるのは怖い。

責められるのも怖い。

特に知らない相手から。

 

 

 

 

 

 

ところで、怒られる~ってやたら打っていたら『怒り』が観たくなってきた。来週ですね!一人で行くか、誰か誘うか悩み中……!

 

綾野剛どきどき……

 

 

 

 追記

 

どうでもいいけど、赤の他人に対して注意や指摘ではなく怒る(怒りをぶつける)人は30代~50代女性が多いように思う。たまたま私がそうした人に会っただけかもしれないが。

もし自分がなにか相手に迷惑をかけられた時は、よほどの損害がない限り、やんわり教えるか流すかしようと思う。