あたまの中の引き出し

備忘録のような分析のような日記のような

男子には縁遠い女子集団特有のドロドロとした空気について


女子集団のドロドロとした空気が嫌いだ。
小学生、いや、下手したら年長くらいから出くわすあの空気。

職場も女子社会なのでかれこれ四半世紀近く付き合っているあの空気。
男子にはわからないだろう。それがずっと羨ましい。
逆に女子のみなさんは経験したことない!!とは言わせない。


誰かに聞いた、

男子は 
             それ好き! 
                                   →俺ら友達!(´・ω・`) 人(´・ω・`)
              俺も好き!   
でも女子は
             それ嫌い!
                                   →私ら友達!(´・ω・`) 人(´・ω・`)
              私も嫌い!

がすごくわかりやすい。


女子(女性もだがあえて女子で)は『好きなもの』を共有できないのです。


集団の中で『嫌いなもの(人)』を共有することで、

  「私たち理解者!」
 
となり、逆に互いに裏切らないよう牽制をかけている。

「あなただから言うけど……」
「ここだけの話だけど……」
「みんなには言わないでね……

のあとに続く話はつまるところ『人質(言質かな?)』で、バラされた時のリスクは高いけども、『その分あなたを信頼してるのよ』って証。もちろんその裏には『裏切ったらこっちも裏切るわよ』というのもありますが。……怖い(゚ロ゚ノ)ノ


ではなぜこれが『悪口』というネガティブなものでなくてはならないのか。

『人質』ってことを考えたら確かに『悪口』じゃないと成り立ちませんが……。

女子は男子のように『○○いいよな!』『おう!』みたいな会話はしないのか(ちょっと極端な例ですが↑)



風呂で髪を洗いながら考えてみました。


悪口以外だとすると……

①その場にいない友達の悪口ならぬ善口
例「Aちゃんのお弁当、キャラ弁でね、すごくかわいかったんだよ!」
     「Aちゃんほんと美人だよね」

→相手が自分よりAちゃんと親しいのならともかく、これだと相手には何のメリットもなく、下手したら「私のことディスってんの?」と誤解されてしまう。さらに相手がAちゃんを快く思ってない場合は、最悪「Aちゃん側なのねーじゃあ敵だわお前」と思われることもある(顔には出さない)


②共通の『好きなもの』について話す
例「俳優の○○ってかっこいいよねードラマ見てる?」
    「このブランドいいよね!」
    「このアプリはまっててさ……」

→最初は楽しく感じられて、でもだんだん窮屈に感じてくるこの話。
相手が自分より詳しかったり、たくさん持っていたり、上手だったり、熱があったりするとその『落差』にイライラしてくる。同じペースではまって楽しめるならベストだけど、大抵差が大きい。
そうなるとむしろ相手が嫌い、そして嫌いな相手が好きなものも嫌いになり、あんなにはまっていたものが嘘のように冷めてしまう。

だからより『人と被らないもの』『レア物』『1点物』『マイナー物』を好きなる人は「私だけが好きでいたい!」と思っていて独占欲が強い傾向があるのではと思う(私もだが……^^;)


③相手を褒める
「○○ちゃん(相手)ってなんでもできてすごいよね」
「○○ちゃんの歌声すきだなー」

これはなんというか、純粋であればいいけれど、下心ある『褒め』には女子は敏感なので繰り返しすぎたり、ポイント絞らず褒めて下心がバレると一気に嫌われてしまうので本当に思ってること以外言わない方が吉だと思われる……。

あと褒め言葉は第三者から伝わった方が嬉しさも好感度も信憑性も増すので、

文句は直接!
褒め言葉は間接的に!!

を推奨したい。



結論としては女子が一番絆を深めるのはやっぱり『悪口』あるいは『風評』『噂(よくないほうの)』なんでしょうね……


-×-が+になるように……というと聞こえはいいけども。

相手を落として落として男性に選んでもらう……という種保存的な関係もあるのかしら。(壮大な話になりそうなので掘らないけれど)


女子として生まれたからにはうまく付き合っていくしかないのか……ほんと男子の関係が羨ましい。

男子のみなさんにはそんな女子の水面下の冷戦があることを知っていて欲しい……ような欲しくないような。汚いですよ!女子って(;´∀`)

みんなが楽しく、お互いのいいところを見つけて、言いたいこと言えて、逆に受け止められて、譲り合って、気遣いあって、でも縛られなくて自由で、人の幸せを幸せと感じられて(ほんと!女子はここも欠けてますよね……)、前向きに向き合って過ごせたら幸せなんだけどなぁ……そんな女子集団に



私はなりたい。。