あたまの中の引き出し

備忘録のような分析のような日記のような

スマスマお疲れ様でした。

根っからのSMAPファンではないし(むしろV6担である)、スマスマも小さい頃見ていたくらいでかれこれ10年以上見ていない。そもそも小さい頃が小学生くらいなので内容もほとんど覚えていない。生卵飲んでたなーとか、キムタクがうさぎの着ぐるみ着てたなーとか、料理作ってるなーとかそれくらい。

 

しかし、なんとなく見てしまい、泣いてしまった。

 

デビューは私が生まれた年だ。

その時あどけない少年だった写真が流れ、

この時彼らはこんなにも長く愛され、有名になる、そしてこんな終わり方をするということを知らなかったんだと思うと切なくなった。

 

SMAP以前にもジャニーズはもちろんいたが、SMAP以降と以前でまた毛色が違うように思う。TOKIOもV6もKinKiも嵐も、その更に若いジャニーズグループたちも。人気が出る、長く続くということはそんなに簡単に出来ることじゃない。しかも自分が頑張れば出来ることでもない。

 

28年。

すごい数字だ。

忘れようにも忘れられず、

なかったことにも

塗り替えることも出来ない思い出。

 

 

スマスマの最後、世界に一つだけの花を歌うSMAP

背後にたくさんの花。

 

解散、という別れ。

 

なんだかお葬式のようだな。と思った。

 

春に祖母が亡くなったことと重なった。

 

グループの解散は、人の死と似ている。

 

実際SMAPの面々は死んでしまうわけではないけれど、

もうSMAPとしては会わなくなる。歌も聞けなくなる。

 

Twitterで『泣くなら解散しなきゃいいのに!解散しないで!』というファンの言葉をたくさん見た。

わかる。すごくわかる。私もV6が同じ道をたどったらそう叫ぶに違いない。

 

けれどこれは、『死にたくないなら死ななきゃいいのに!』と祖母に言うようなものなのかもしれない。

 

病気を患った祖母。

当然生きたかっただろう。

ひ孫の成長をもっと見たかっただろう。

元気に畑に行きたかっただろう。

 

でも、病気だったのだ。

 

 

SMAPも同じなのかもしれない。

ファンのために、続けたかった。

諍いの姿を見せたくなかった。

5、60年一緒にいたかった。

 

でも、もう治せない病気だったのだ。

 

祖母が自分の体をもうどうしようもなくなったように、

彼らも自分たちに生じた歪をもう、どうしようもなくなったのだ。

 

祖母が、何もわからず寝たきりになる前に旅立ったように、

彼らもファンを思ってこそ、今の場所を旅立ったのかもしれない。

 

続けて、とファンはいうかもしれないけれど

 

SMAPにとって、ボロボロの姿をファンに見せたくなかったのではないか。

 

 

 

 

とにかく言える事は、今までありがとう。

 

本当にこの言葉に尽きる。

 

たくさん元気を貰ったのだ。

 

彼らの今後を、暖かく見守るのが

恩返しでは、と思う。

 

 

 

ありがとうございました。

お疲れ様でした。

 

 

 

 

祖母の言動が私の生活のあちこちで甦るように、

SMAPの曲も、メンバー一人ひとりも、

きっとこれからも日本中の人の心の中に残り続けるだろう。

 

 

 

 

 

プレゼント交換

生きていて1度はプレゼント交換という誰も得しない儀式に参加したことがあるはずだ。

 

欲しいものが当たらず、『ビミョー……』という空気に晒される。

 

小学校の時の授業の中のクリスマスプレゼント交換(手作りで、確か100円以内とかそんな)に始まり、社会に出ても未だに毎年プレゼント交換に強制参加させられる私。

 

 

貰うのもビミョーであれば、選ぶのもビミョーである。

人数が多ければ多いほど『みんなが喜ぶもの』が限られてくるからだ。

 

嫌な人はいないだろう、と思っていた

入浴剤は、『風呂の水を洗濯に使うから入浴剤使わない』

                    『風呂沸かさない。シャワーだけ』

という言葉を聞いてから選択肢から外れた。

タオル、コップ、食器は一見あっても喜ばれそうだが、有り余ってる家も多い。

キャラクターグッズは好みが分かれる。

食べ物も以外に好き嫌いがハッキリしているため、1品で攻めるのは危険だ。

文房具は消耗するのであっても困らないが、無難すぎる。

クッション、ブランケットは欲しい人いらない人が極端にいる。実はあまり使われない。

 

 

ふと考えたのが、『周りからの反応』である。

 

例えば、いらないものが当たって、周りの反応も『あー、うちもいらないわ…』だったとする。テンションがた落ちだ。

 

しかし、もし周りが『えーーー?!なにそれ!面白いね!!』『欲しかったやつだ!!』『交換してーー!!』なんて反応をしたらどうだろう。『いらないもの』に、一気に価値が出るのだ。

 

以前のプレゼント交換で、某ネズミ王国のぬいぐるみがあたった。正直そのキャラクターに興味がない私は『げー……使えないなぁ、』と思っていたのだが、周りの反応のすごいこと。『交換して!』に対してつい『だめー!』と言ったほどである(くれた本人もいたから当たり前だが)。なんとなく『当たり』を引いた気になった。

 

つまり、だ。

逆に考えれば、『全員の好みを把握するのが難しい』のならば、『周りが羨ましがる、あるいは注目を浴びるものを選べばいい』のではないだろうか??

別に『みんなが欲しいもの』でなくていい。そんなのが分かっていればそもそも苦労はしないのだから。そうでなく、『人が選ばなそうなもの』

『珍しいもの』

『自腹ではまず買わないもの』

である。

 

実際いらなくとも、好みでなくとも、交換後のお披露目で一旦注目が集まる。『すごい』『そんなのあるの?』『なにそれ!?』という言葉を貰うだけで、もらった側は少し優越感を感じるのだ。少なくとも『あー、かわいいね(棒)』『何もらった?……ふぅん、』よりは。

 

 

ということで今年もプレゼント探しに頭を悩ませつつ向かおうと思う。

適当に選べる人間だったらどれだけ楽か…

 

そして今年は何をもらうのか。あまり期待しないでおこう…

 

(自分がこうして悩んで買う分、相手からのプレゼントが適当だとやるせなくなるので、いい意味で適当に買えるのが一番いいと思うという結論)

 

おやすみなさい。

宝くじ

友だちから『宝くじを一緒に買おう!!』と誘われた。

私は人生で一度も買ったことがない。親がそういうのを買わなければ買わないのではないだろうか。

 

一万円分、と聞いてビビる。

まじか。

 

別に現実主義者ではないし、ギャンブル的なものも嫌いではないが、見返りの薄いものはあまり好きじゃない。

 

当たる時は5枚買っても当たるし、

当たらないときは100枚買っても当たらない。

主義である。

数撃てば、じゃなく運命を信じる人間なんだなーと改めて気づく。ロマンチストだったのね。

 

宝くじだが、300円、3000円、1万円、100万円……と当たっていくらしい。

 

ならば3000円分買うのが妥当な気がするのだがどうだろう。

300円当たっても2700円の損だからまぁ諦めがつくし、1万円当たったら7000円の黒字!!

ギャンブルにはちょうどいい気がする。

(1万円買って3000円当たってもまぁそりゃ当たるか、くらいにしか思わないし、1万円当たってもプラマイゼロ)

 

宝くじを躊躇うのはそれだけではない。

ひとりで買うならともかく、友人と……なんてなんだか恐ろしい。

当たらなければ御の字だが

もし片方が高額を当てたら。

隠せるわけもなく、人間関係が歪みそうである。

お金ほど人間関係を壊すものはない、気がする。

 

同じ1万円を使うなら、個人的には

 

お年玉付き年賀はがきを150枚くらい買う。

景品が当たればラッキー

(ちなみに一等は10万円)

当らないハガキで、懸賞に応募

(2000円くらい余ってるので雑誌をいくつか買う)

欲しいものを狙ってもよし

高額家電を狙って売ってもよし

現金でもよし

 

 

150枚あれば宝くじより何かしらあたるのではないかしら。

 

性格わるいかしら。

 

ふつーに宝くじ買う人の方が純粋な気がしてきたな……

 

 

 

しかしなんだかんだ流されて1万円ドブに捨てる展開が目に見える

 

おやすみなさい

間違えたとき

よく浮かれてる時や時間が無い時にミスをするのですが、

ミスをして迷惑をかけてしまった時、相手の反応が気になります。

そんな、お前ミスした立場で何言ってんだって感じですが、逆に自分が迷惑をかけられた時こう対応しようかな、と考えるきっかけになります。

 

 

例えば。

 

Aに頼まれて、ジャガイモと玉ねぎとにんじんと牛肉を買いに行った私。

間違えて牛肉ではなく豚肉を買ってしまいました。しかもひき肉。

なんとカレーを作るつもりだったらしい。

 

A「私ちゃんが悪いわけじゃないよ!!私もカレーを作るって言っておけばよかったし!そもそも自分で買いに行かなかったわけだし!ごめんね!」

 

へこみますよね……。

 

いっそ責めてくれよ……。

 

まず、間違えた時点で私のミスである事は確実。

そこを認めて欲しい。

でないとひたすら私は「私のせいで」を繰り返すはめになる。言葉でも頭でも。

 

そしてAさんが自身を責め始めたら私はそちらも否定しなくてはなくなる。「Aさんはなにも悪くないじゃないですか!私が悪いだけです!」を言い続ける地獄。

 

例えば、「あちゃー!いや、でもレシートあるし取替えてもらえるんじゃない?」

 

なんて言ってもらえれば、「ごめんなさい」と謝ることもでき、それを「許してもらい」、「解決策を一緒に考えて」もらえる。

 

A「いいよ!大丈夫!カレーは今度にして今日はハンバーグにするから、気にしないで」

 

も、一瞬解決策っぽいけれど、『私のミスでAさんに迷惑をかけた』感がじわじわ強まって借りを作ったどころじゃない。

 

相手のミスに対して、「落ち込むだろうから責めてはいけない」という気持ちは大事。でも「ミスしたことに共感して認めてあげること」も大事。

 

相手が挽回するチャンスを作ってあげる。

 

…………なんて、ミスばかりしてる私が言える話じゃないんだけども。

もし誰かがミスしてしまった時には、相手の「迷惑をかけてしまった……」という気持ちを否定せず、大事に受け取って、改善策を一緒に考えたいものだ。

 

 

情は人の

情けは人の為ならず、

 

昔の人はなんて的確な言葉を考えるんだろうか。

 

職場でミスをしてしまった。

明らかに私の過失。

 

私自身で上司に謝り、代案を立てて……というつもりだったのだが、先輩がどうにかならないか、とフォローに回ってくれていた。私には技術のない部分で、何時間も手がないか尽くしてくれた。

 

怒られるのを覚悟で、上司に説明し謝罪すると、

「してしまったことは仕方ない。今からどうするか考えなくては」

と、私が思いつかなかった代案を立ててくれた。

しかも、私が迷惑をかけた相手方に頭を下げなくていい方法で。

 

「先輩方にもいろいろやってもらって迷惑かけてしまったんです」

 

と言うと、上司から

 

「あなただって、困っていたら助けるでしょ?」

 

と言われた。罪悪感から、一気に感謝の気持ちに変わる。

 

ここは。

「迷惑かけてごめんなさい」

ではなく、

「助けていただいてありがとうございます」

 

なのだろう。

 

情けは人の為ならず。

 

今まで特に見返りを求めて誰かを助けるという意識はなかったが、(ものすごく厚かましい考えなので人前でいうものではないが)今回助けてもらった時、自分の今までの行いが正しかったのだと安堵した。

 

 

今回助けてもらった嬉しさ、優しさを忘れず。

 

これから何のためらいもなく人を助けられるような人間でいたい。

 

 

ミスは結局取り消すことは出来なかったが、

先輩や上司の優しさに触れ、感慨深く思った1日であった。

 

 

イジメ自殺のニュースを見て思うこと。

もはや『定期的に』報道されるようになったイジメによる自殺のニュース。

 

ニュースでは必ず学校、担任教師、家庭、教育委員会?)らが責められ、遺書やら将来の夢やら流れ、同級生が悲しんでいる。

焦点は主に、

学校内のイジメになぜ早く気づかなかったのか!

気づくためにどうしたらいいか!

 

だけど、なんだか違うように思う。

 

そもそも『イジメ』なんて、それを語っている解説者のおじさんが子どもの時も、いやむしろそのおじさんのひいじいちゃんの子どもの頃にだってあったはず。そして現在までなくならない。第一大人だって職場内で差別したり悪口を言ったり見下したり距離置いたりしているではないか。『イジメなくそう』は集団の中で生きていく上で無理な話。

 

なにより、まず『イジメ』と、『イジメによる自殺』は別物だと思う。

 

カレーうどんと、カレーうどんによる火傷くらい違う。

 

誰もがカレーうどん

食べて火傷する訳では無い。

 

世界中からカレーうどんをなくすことは出来ないけど(禁止されてもこっそり作って食べることが出来る)、カレーうどんによる火傷は防げるのではないか。

 

でも例えばそれを、

 

大人が『カレーうどんで火傷した子がいるから気をつけなさい!冷まして食べなさい!』

と言ったところで、食べる本人が子どもであれば、

どの程度覚ますのか、どの程度で火傷するのかわからない。

自分で体験するしかない。

 

 

 

カレーうどんの例えが長すぎてよくわからなくなってきたけれど、

 

イジメによる自殺に関して、

いくら周りの大人が干渉したって無駄なんじゃないかと思う。

大人が(例えば保護者や教師)味方につけば、強制的に終わるだろう。でもそれが本当にその子の心の癒しになるのか?大人に守ってもらった子は、周りの友だちからどう思われるのか?守られた本人はずっとそれを背負って生きていくのか?

 

二ユースで話し合うべきは、または研究すべきは、『イジメによる自殺をした子の特徴』だと思う。

 

例えば環境。

 

私自身、あれがどのくらいのレベルのものだったかわからないけれど、小学校でイジメをされた、したことがある。

 

けれど今思えば、救いだったのは、『いくつかの世界』に所属していたことだ。

『学校』

『家庭』

だけでなく、

『習い事3つ』

『近所の友だち』

『いとこたち』

『オタク友だち』

 

それぞれ独立していて、『私』はそれぞれで違った存在で、『役割』があった。もちろんダブっている友だちもいたが、その場では私はその『役割』を受け止めてもらえていた。

いじられキャラ

絵がうまい、

リーダー的存在、

おもしろキャラ、

天然キャラ……

 

 

だからクラスでいじられる存在であっても、それが『私』を100パーセントを占めず、そこまで重く受け止めていなかった気がする(もちろん嫌な気持ちもしたし覚えているが)。

 

今の子は、窮屈ではないだろうか?

独立した『複数の世界』を持てているだろうか?

 

LINEだと自然と『全員』が繋がってしまう。

むしろ繋がらないことが『イジメ』となる。

 

学習塾は同じ学校、クラスの友だちが大勢いるだろう。自分の役割は変えられない。

 

イジメが原因で自殺した子どもたちは、どういう環境で、どういう状況で自殺に至ったのか。

 

本当に今後防いでいきたいのであれば、自殺が起こった学校や職員をピンポイントで責めるのではなく、共通した背景を探って改善すべきではと思う。

 

どうすれば、子どもたちが『集団生活に必ず発生する闇』を抱えすぎず、うまく解消して生きていけるのか。

親に教えるのはそういう事じゃないのかな。

 

 

責任が誰にあるか追求し続けるのではなく、子どもたちをどういう環境で育ててあげればいいか考えて欲しい。

 

 

という最近のニュースに悶々としつつ私が勝手に思ったこと。

 

言うは易し。

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

 

 

『怒り』観てきました。

綾野くんが気になって仕方ない……!!

 

ということで『怒り』を観てきました。

感想を見ていると

「重い」

「辛い」

「ホモ……」

 

…………うーむ(笑)

浸るためにひとりで見るべきか、

重さを分かち合うために誰かと見に行くか、

悩んだ末ひとりで行くことに。

 

結論としては『あいつ腐女子だろ』的な目で見られてるんじゃ……という妄想さえ抑えられれば1人の方がいいかなぁ……

メンタル弱い人は複数の方がいいかなぁ……

 

でもあの内容を分かち合える気がしない……

 

 

以下興味もってる方向けの軽いネタバレ含み

からの、観た方向けな重いネタバレ含み。

 

段階分けするので用途によって読んでもらえればと思います。

 

まず軽いやつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ホモが……ものすごくホモだった……というかゲイか。

冒頭なんてそういうビデオ見せられてんじゃねーのくらいな勢いでびびっちゃったよね……

隣が御夫婦だったんだけど、というか男の人結構いた(夫婦かカップル)んだけどどんな心情で見てんだよ……

 

しかし綾野剛が可愛すぎる……

同じくゲイ役してたクレオパトラな女たちを思い出す……まんま黒崎裕じゃないの。料理とかしちゃうし。料理に合う男。というか同棲が似合う。あと自転車。

 

綾野剛

森山未來

松山ケンイチ

が容疑者なんですが……そうか、顔似てるかー

と途中で気づいて笑ってしまった(遅い)

 

原作だとどう表現してるんだろう。ちょっと気になる。

 

人物多そうな割に、あとあちこち場所と時間飛ぶ割にわかり易かった。宮崎あおい蒼井優混ざってる人間なので、ずっと蒼井優だと思ってた。

あと綾野剛しか意識してなかったので終わってから広瀬すずちゃんだと知る……なんていう芸能人オンチ……演技力すごいね

 

R12らしいけどあれが12なのってどうなの……

15くらいでいいんじゃないのと思うけど。

 

参考までに。

ホラー要素 ☆

グロ要素     ☆☆☆

男女要素     ☆☆☆☆

ホモ要素     ☆☆☆☆☆

ミステリ     ☆☆

 

男女要素はれいぷがあったので苦手な方ほんと注意です。

ネタバレかもしれないけどこれは正直ムリな人ムリだと思う。私自身ホモは全然平気だけど男女の、しかもむりやり……が本当ダメで怖かった……

2回目行ったとしてもそこは見たくない。抜け出す。

 

 

あと、演技力がみんなすごい。

 

↑なんつーチンケな感想だよ。

 

 

世間の感想で構えてたほど重い!!怖い!!ってわけではなかったけど、多分それは腐女子的にもう綾野剛視点で考えてるからかな……後日談妄想したい……いや、帰り道から既にしてる……妄想内容は続きで。

 

 

 

 

ネタバレ。結構重いやつ。自己責任で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というか、見終わって思ったのが

『沖縄行きたくない』

だったんだけど沖縄的に大丈夫なの???

れーぷシーン見てガチで気持ち悪くて怖くて米兵への嫌悪感増したし(上手すぎるんだよあの米兵役の演技なんだよOh…Yeahって)海綺麗とは思ったけど行きたくない。

 

そしてよくよく考えたられーぷされたのあの少年のせいだよね??あいつがいなくなるからじゃねーかー!!!って帰り道ずっとイラついてた。森山未來に会って飲んだからってのもわかるけどさ!?森山未來が助けなかったのも原因だけどさ!?ああいうやつ腹立つわー いや、一番はあのOh…Yeah野郎だけどな!!!

 

沖縄への印象が悪くなった、という感想。

ほんとはそんな事ばかりじゃないし、島の人もそれを許してるわけじゃないってのはわかってるんだけどね

 

 

あと

 

綾野剛はやっぱり犯人じゃなかったかー。

最初胡散臭かったけどね、すごい写真似てるし。

でも綾野剛そういう役めったにないよね……

 

世間の感想で

腐女子はラスト必ず泣く!』

って言うんで犯人か?とも思ったけど違うとわかり、薄々勘づく死ネタ……死ぬ時までイメージ通り……病気持ちとか…………孤児院育ちとかさ……そしてゲイ……そういう陰あるの似合うよね

 

案の定私もボロ泣きでしたよ!

隣の奥さんは時間差で泣いてたよ!!

松山ケンイチを連れ戻すあたり!!そこかよ!!

そこはむしろ唯一ハピエンになったとこだろ!!

 

悔しいので綾野剛と妻夫木のその後を妄想しながら帰った。

途中事故りかけたけど。

 

まず本編で綾野剛(すみません役の名前覚えられないんでこのままいきますね)が死んだ、と断言されてないことにお気づきだろうか。

死体に会うわけでもなく、墓も作ってない(やるかと思いきや)。ので、実は病院に運ばれて一命をとりとめたんです。

 

カフェの女の子には『死んだってことにして』って伝えたものの、妻夫木のあまりに落胆した姿に見るに見かねてあの後病院の場所と部屋番号書いたメモを渡すカフェ子。ハッとして走り出す妻夫木。そして再会。「なんで……」「同じ墓に入るんだろ、」みたいなやりとり。いちゃいちゃ。妻夫木が金を出し、心臓移植。そして成功し1年後2人は穏やかな日々を送っていた……

 

 

 

 

よし、満足だ。

 

怒りを観て『なんで松山ケンイチは幸せになったのに綾野剛は……』と怒りを覚えた腐女子の皆さんに捧げますね……。

元気だして。

 

あれ、そういえばつい最近もそし誰で『日下くんは死んでない!!生きてる!!』って言ってた気がする……なんなん……最近好きになった人が死ぬんだけど……生きてよ……

 

 

 

 

ところでタイトル『怒り』はなんだろう、

森山未來が会社から受けたことへの『怒り』、

そして、奥さんからのお茶という優しさ(憐れみ)による『怒り』

すずちゃんが米兵からされたことへの『怒り』

少年の、好きな子を守れなかった自分への『怒り』

妻夫木の、好きな人を信じれなかったが為に最期に会えなかった自分の気持ちへの『怒り』

松山ケンイチの、両親からの理不尽な借金を受けたことへの『怒り』

 

……ほかにもいろいろあるだろうけども。

まとまったタイトルのようでそうでもないような……

ハサミでやっちゃった少年の両親があの殺人事件の被害者とかならあれだけど。それもご都合すぎて変かな。

 

皆さんの考察でも読んで回ろう。

 

 

おやすみなさい。

 

(大したネタバレではなかったな……

)