あたまの中の引き出し

備忘録のような分析のような日記のような

イジメ自殺のニュースを見て思うこと。

もはや『定期的に』報道されるようになったイジメによる自殺のニュース。

 

ニュースでは必ず学校、担任教師、家庭、教育委員会?)らが責められ、遺書やら将来の夢やら流れ、同級生が悲しんでいる。

焦点は主に、

学校内のイジメになぜ早く気づかなかったのか!

気づくためにどうしたらいいか!

 

だけど、なんだか違うように思う。

 

そもそも『イジメ』なんて、それを語っている解説者のおじさんが子どもの時も、いやむしろそのおじさんのひいじいちゃんの子どもの頃にだってあったはず。そして現在までなくならない。第一大人だって職場内で差別したり悪口を言ったり見下したり距離置いたりしているではないか。『イジメなくそう』は集団の中で生きていく上で無理な話。

 

なにより、まず『イジメ』と、『イジメによる自殺』は別物だと思う。

 

カレーうどんと、カレーうどんによる火傷くらい違う。

 

誰もがカレーうどん

食べて火傷する訳では無い。

 

世界中からカレーうどんをなくすことは出来ないけど(禁止されてもこっそり作って食べることが出来る)、カレーうどんによる火傷は防げるのではないか。

 

でも例えばそれを、

 

大人が『カレーうどんで火傷した子がいるから気をつけなさい!冷まして食べなさい!』

と言ったところで、食べる本人が子どもであれば、

どの程度覚ますのか、どの程度で火傷するのかわからない。

自分で体験するしかない。

 

 

 

カレーうどんの例えが長すぎてよくわからなくなってきたけれど、

 

イジメによる自殺に関して、

いくら周りの大人が干渉したって無駄なんじゃないかと思う。

大人が(例えば保護者や教師)味方につけば、強制的に終わるだろう。でもそれが本当にその子の心の癒しになるのか?大人に守ってもらった子は、周りの友だちからどう思われるのか?守られた本人はずっとそれを背負って生きていくのか?

 

二ユースで話し合うべきは、または研究すべきは、『イジメによる自殺をした子の特徴』だと思う。

 

例えば環境。

 

私自身、あれがどのくらいのレベルのものだったかわからないけれど、小学校でイジメをされた、したことがある。

 

けれど今思えば、救いだったのは、『いくつかの世界』に所属していたことだ。

『学校』

『家庭』

だけでなく、

『習い事3つ』

『近所の友だち』

『いとこたち』

『オタク友だち』

 

それぞれ独立していて、『私』はそれぞれで違った存在で、『役割』があった。もちろんダブっている友だちもいたが、その場では私はその『役割』を受け止めてもらえていた。

いじられキャラ

絵がうまい、

リーダー的存在、

おもしろキャラ、

天然キャラ……

 

 

だからクラスでいじられる存在であっても、それが『私』を100パーセントを占めず、そこまで重く受け止めていなかった気がする(もちろん嫌な気持ちもしたし覚えているが)。

 

今の子は、窮屈ではないだろうか?

独立した『複数の世界』を持てているだろうか?

 

LINEだと自然と『全員』が繋がってしまう。

むしろ繋がらないことが『イジメ』となる。

 

学習塾は同じ学校、クラスの友だちが大勢いるだろう。自分の役割は変えられない。

 

イジメが原因で自殺した子どもたちは、どういう環境で、どういう状況で自殺に至ったのか。

 

本当に今後防いでいきたいのであれば、自殺が起こった学校や職員をピンポイントで責めるのではなく、共通した背景を探って改善すべきではと思う。

 

どうすれば、子どもたちが『集団生活に必ず発生する闇』を抱えすぎず、うまく解消して生きていけるのか。

親に教えるのはそういう事じゃないのかな。

 

 

責任が誰にあるか追求し続けるのではなく、子どもたちをどういう環境で育ててあげればいいか考えて欲しい。

 

 

という最近のニュースに悶々としつつ私が勝手に思ったこと。

 

言うは易し。

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

 

 

『怒り』観てきました。

綾野くんが気になって仕方ない……!!

 

ということで『怒り』を観てきました。

感想を見ていると

「重い」

「辛い」

「ホモ……」

 

…………うーむ(笑)

浸るためにひとりで見るべきか、

重さを分かち合うために誰かと見に行くか、

悩んだ末ひとりで行くことに。

 

結論としては『あいつ腐女子だろ』的な目で見られてるんじゃ……という妄想さえ抑えられれば1人の方がいいかなぁ……

メンタル弱い人は複数の方がいいかなぁ……

 

でもあの内容を分かち合える気がしない……

 

 

以下興味もってる方向けの軽いネタバレ含み

からの、観た方向けな重いネタバレ含み。

 

段階分けするので用途によって読んでもらえればと思います。

 

まず軽いやつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ホモが……ものすごくホモだった……というかゲイか。

冒頭なんてそういうビデオ見せられてんじゃねーのくらいな勢いでびびっちゃったよね……

隣が御夫婦だったんだけど、というか男の人結構いた(夫婦かカップル)んだけどどんな心情で見てんだよ……

 

しかし綾野剛が可愛すぎる……

同じくゲイ役してたクレオパトラな女たちを思い出す……まんま黒崎裕じゃないの。料理とかしちゃうし。料理に合う男。というか同棲が似合う。あと自転車。

 

綾野剛

森山未來

松山ケンイチ

が容疑者なんですが……そうか、顔似てるかー

と途中で気づいて笑ってしまった(遅い)

 

原作だとどう表現してるんだろう。ちょっと気になる。

 

人物多そうな割に、あとあちこち場所と時間飛ぶ割にわかり易かった。宮崎あおい蒼井優混ざってる人間なので、ずっと蒼井優だと思ってた。

あと綾野剛しか意識してなかったので終わってから広瀬すずちゃんだと知る……なんていう芸能人オンチ……演技力すごいね

 

R12らしいけどあれが12なのってどうなの……

15くらいでいいんじゃないのと思うけど。

 

参考までに。

ホラー要素 ☆

グロ要素     ☆☆☆

男女要素     ☆☆☆☆

ホモ要素     ☆☆☆☆☆

ミステリ     ☆☆

 

男女要素はれいぷがあったので苦手な方ほんと注意です。

ネタバレかもしれないけどこれは正直ムリな人ムリだと思う。私自身ホモは全然平気だけど男女の、しかもむりやり……が本当ダメで怖かった……

2回目行ったとしてもそこは見たくない。抜け出す。

 

 

あと、演技力がみんなすごい。

 

↑なんつーチンケな感想だよ。

 

 

世間の感想で構えてたほど重い!!怖い!!ってわけではなかったけど、多分それは腐女子的にもう綾野剛視点で考えてるからかな……後日談妄想したい……いや、帰り道から既にしてる……妄想内容は続きで。

 

 

 

 

ネタバレ。結構重いやつ。自己責任で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というか、見終わって思ったのが

『沖縄行きたくない』

だったんだけど沖縄的に大丈夫なの???

れーぷシーン見てガチで気持ち悪くて怖くて米兵への嫌悪感増したし(上手すぎるんだよあの米兵役の演技なんだよOh…Yeahって)海綺麗とは思ったけど行きたくない。

 

そしてよくよく考えたられーぷされたのあの少年のせいだよね??あいつがいなくなるからじゃねーかー!!!って帰り道ずっとイラついてた。森山未來に会って飲んだからってのもわかるけどさ!?森山未來が助けなかったのも原因だけどさ!?ああいうやつ腹立つわー いや、一番はあのOh…Yeah野郎だけどな!!!

 

沖縄への印象が悪くなった、という感想。

ほんとはそんな事ばかりじゃないし、島の人もそれを許してるわけじゃないってのはわかってるんだけどね

 

 

あと

 

綾野剛はやっぱり犯人じゃなかったかー。

最初胡散臭かったけどね、すごい写真似てるし。

でも綾野剛そういう役めったにないよね……

 

世間の感想で

腐女子はラスト必ず泣く!』

って言うんで犯人か?とも思ったけど違うとわかり、薄々勘づく死ネタ……死ぬ時までイメージ通り……病気持ちとか…………孤児院育ちとかさ……そしてゲイ……そういう陰あるの似合うよね

 

案の定私もボロ泣きでしたよ!

隣の奥さんは時間差で泣いてたよ!!

松山ケンイチを連れ戻すあたり!!そこかよ!!

そこはむしろ唯一ハピエンになったとこだろ!!

 

悔しいので綾野剛と妻夫木のその後を妄想しながら帰った。

途中事故りかけたけど。

 

まず本編で綾野剛(すみません役の名前覚えられないんでこのままいきますね)が死んだ、と断言されてないことにお気づきだろうか。

死体に会うわけでもなく、墓も作ってない(やるかと思いきや)。ので、実は病院に運ばれて一命をとりとめたんです。

 

カフェの女の子には『死んだってことにして』って伝えたものの、妻夫木のあまりに落胆した姿に見るに見かねてあの後病院の場所と部屋番号書いたメモを渡すカフェ子。ハッとして走り出す妻夫木。そして再会。「なんで……」「同じ墓に入るんだろ、」みたいなやりとり。いちゃいちゃ。妻夫木が金を出し、心臓移植。そして成功し1年後2人は穏やかな日々を送っていた……

 

 

 

 

よし、満足だ。

 

怒りを観て『なんで松山ケンイチは幸せになったのに綾野剛は……』と怒りを覚えた腐女子の皆さんに捧げますね……。

元気だして。

 

あれ、そういえばつい最近もそし誰で『日下くんは死んでない!!生きてる!!』って言ってた気がする……なんなん……最近好きになった人が死ぬんだけど……生きてよ……

 

 

 

 

ところでタイトル『怒り』はなんだろう、

森山未來が会社から受けたことへの『怒り』、

そして、奥さんからのお茶という優しさ(憐れみ)による『怒り』

すずちゃんが米兵からされたことへの『怒り』

少年の、好きな子を守れなかった自分への『怒り』

妻夫木の、好きな人を信じれなかったが為に最期に会えなかった自分の気持ちへの『怒り』

松山ケンイチの、両親からの理不尽な借金を受けたことへの『怒り』

 

……ほかにもいろいろあるだろうけども。

まとまったタイトルのようでそうでもないような……

ハサミでやっちゃった少年の両親があの殺人事件の被害者とかならあれだけど。それもご都合すぎて変かな。

 

皆さんの考察でも読んで回ろう。

 

 

おやすみなさい。

 

(大したネタバレではなかったな……

)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人に怒られる

前々から思ってたけど、赤の他人に怒られるのがものすごく怖い。

というか、凹む。

当たり前な気もするけれど、結構ダメージデカくて、色んなことに一気に不安になる。

 

知人に怒られるならまだいいんです。弁解だってできるし、「わー!ごめんなさいー!!」って謝ることだって出来るじゃないですか。

 

これが二度と会わないかもしれない他人となると別。

「相手を怒らせてしまった」

「不快な気持ちにさせてしまった」

「私のことをずっと恨んでいるかもしれない」

「『こんなやつがいた』って言って回るかもしれない」

 

その、いつまで続くか分からない、私に向けられた『苛立ち』『恨み』『腹立たしさ』というマイナスの感情が怖いんだと思う。

 

「どうせもう会わないんだから気にしなくていいじゃん」

って考えができればいいんだけど。

 

「そんなことで怒る相手も心狭い!!」

って逆ギレできればいいんだけど。

 

 

例えば 自転車のライトをつけず走っていて怒られたり

             一方通行の道を間違えて入って怒られたり

             ゴミの出し方を間違えて怒られたり

             駐輪してはいけない所に知らずに停めてしまい怒られたり

 

自分に非がある、けれど悪意はない。

そういう時に怒られると本当に泣きそうになる。

 

悪意がない、

なんてことは初めて会った他人にわかるわけもない。

 

結局悪いのは自分なのだ。

 

だから極力怒られないよう、知らずにルールを侵さないよう気をつけてはいるのだが……ちょくちょく失敗してしまう。

 

怒られるのは怖い。

責められるのも怖い。

特に知らない相手から。

 

 

 

 

 

 

ところで、怒られる~ってやたら打っていたら『怒り』が観たくなってきた。来週ですね!一人で行くか、誰か誘うか悩み中……!

 

綾野剛どきどき……

 

 

 

 追記

 

どうでもいいけど、赤の他人に対して注意や指摘ではなく怒る(怒りをぶつける)人は30代~50代女性が多いように思う。たまたま私がそうした人に会っただけかもしれないが。

もし自分がなにか相手に迷惑をかけられた時は、よほどの損害がない限り、やんわり教えるか流すかしようと思う。

 

 

 

新一くんと日下くん



以下 腐ってます
苦手なかたは戻ってください










昨日のそし誰がまだ尾を引いてる……


昨日は次回予告でざわついた(毎回ざわついてるけど)さおりちゃんの
  『私より、新一が好き?』回でしたね!!

24時間TVの合間にもやたらCMしてて大丈夫かなと余計な心配をした人も多いのでは。

間違いようもなくホモじゃないですか。



本編始まり、やはり次回予告とCM通り。あのセリフと共に結構ガンガン迫るさおりちゃんに、結局唇触れる寸前まで動揺も見せず(中の人は動揺してただろうけども笑)ギリギリでかわしてギュッと抱きしめる日下くん。『大好きだからそういうことは大事にしたい(意訳)』と優しくつぶやく。

キスシーンがおじゃんで、ファンは安堵したでしょう。

腐ったお姉さん方も安堵しました。



TLを見ると、

『日下くんはやっぱりホモじゃなかったー安心』
やら
『普通に女の子好きっぽいね。残念』
『さおりちゃんのこと好きなんだね』


とかちらほら見えました。


……甘い。



長年腐ィルターかけてるとあのシーンはむしろ日下くんの中で新一>>>さおりちゃんとなっていることを裏づけている!


TL見れば、さっきの意見の何倍もいる、加熱するお姉さんが
た。



・『大好き』とは言ったけど、結局『新一より好き』とは断言していない。

・キス代わりのハグ→拒否
・でもあの場で好きと言っておかないと、裏切られると薄々感じていた




そして最後に投下された新一と日下の兄弟疑惑。


お姉さんがたさらに加熱(笑)

『兄弟だからあんなに想ってたんだーほもじゃなかった

なんて意見は通用しない!!


兄弟ネタ最高!!!!!ヾ(●´∇`●)ノ


なんかほんと、公式がどんどん燃料を投下してくれてる……


しかも日下くん最初から知ってたっぽいじゃないの……

知ってて目玉焼き何派か聞いてたのね……
しかも一緒で……そりゃあほくそ笑んだことでしょうね……

腹黒というかヤンデレというか……
日下くんのキャラクターがどんどん固まってしかもお姉さんがたの好みの方向に突っ走っている……


お互いパーソナルナンバーなくせば兄弟でもなくなるから恋人になれるとか考えてないよね……(とんだヤンデレ)

Twitterもどっちともはっきりせず濁してる感じが妄想かきたてる……

なんなの……振り回しすぎじゃないの……(^q^)ハァハァ

内容はシリアスなところもありホラーなところもありなのに、日下×新一が出始め(例の4話?半裸抱きしめ事件)てからちょっと脳内が半分ピンク……たまに何ドラマかわかんなくなる(笑)


ふたりには幸せになって欲しいけども……こういうストーリーでは無理だろうな……(デスノ系)
日下くんも死ぬんでしょうね……
最後まで見れるかなー

とりあえずしばらくは幸せな妄想とTwitterを楽しもうか……



それにしても誰があのTwitterやってんだろね

役者さんではないだろうけど。
すごくシュールで面白い。






読書録 薬屋探偵 悪魔と詐欺師再読感想メモ

ネタバレ有




















先日の黄色い目をした~から、再読ブームが来たようで、悪魔と詐欺師を再読。

読書は世界にのめりこんじゃう人間なのでできるだけ仕事に差し障りない休日にガガっと読んじゃうのが幸せ。

前回読んだのがかなり昔なので、ざっくり『ゆた=体はゼロイチ』といううろ覚えの知識だけまとって読みましたが、それでも前しか見えてなかった前回より俯瞰して事件全体が見れたので面白く感じました。それとも私の内面も成長したのかしら……ふふ


それでも相変わらずはっきりした解答を出さない作品(褒め言葉)なので、混乱してる部分も多く、とりあえず自分なりに内容をまとめてみた



双海は生まれつき心臓が悪く、両親が移植を希望していた
両親は違法の移植手術をする団体(殺された7人)を発見、
双海の病状が悪化した際、家を売ってまで心臓を提供してもらう
4ヶ月前
しかし術後の拒絶反応で心臓麻痺を起こす
団体により、双海の遺体は貯水タンクに隠される
※☆★どの段階で契約をしたかが謎
  普通に考えれば★だけど、死んでから契約できるのか??
  ☆はそんな短時間で契約できるのか?って感じもするけど

契約を受けたが、1人では難しいと、やむを得ず秋の手を借りるゼロイチ
契約内容は
『手を汚したことを知らずに、あいつが生きていなくちゃいけなかった』
    →①団体を殺したい(復讐?正義感?)
        ②李和に感謝の言葉を伝えたかった
            (それが代理であっても)
かな??だから年末までの契約かな??

『手を汚した』のはゼロイチと秋の仕業??
唆す系は悪魔の十八番かな
人肌の毒を提供したのは秋かな??

『ゆた』意識では殆ど日中の記憶の記述がないから、日中(手を汚し中)は『ゼロイチ』意識だったんだろうか

ラベンダーは『ゼロイチ』意識が強くならないように?

最後『ゆた』意識が強まって秋が香炉で強制終了?


うーん……いまいちわからないことが多いけどもとりあえずこれで解釈しとこう







葉山とリベザルのシーンはかわいかったし、
座木と高遠という組み合わせも似たもの同士で面白かったし、
なにより秋と4ヶ月ほぼ同せ……暮らしてた薬漬け(語弊あり)ゼロイチというなんかこう見ようによっては耽美な世界……

タイトルの悪魔と詐欺師はゼロイチと秋という解釈でいいのかしら

それともゼロイチと殺された団体かな

年取って再読すると新たな発見があって面白い

そして高遠さんをおっさんだと思ってた当時が懐かしい……もう呼べない……むしろ若いじゃないのよ!


このまま金糸雀にいこうか、
説話集にそれるか悩むところ



おやすみなさい








読書録 薬屋探偵シリーズ 黄色い目をした猫の幸せ 再読メモ

ずっと読めずにいた最新刊『星空を願った狼の』をこの間読了。読めずにいたっていうのは例によって「ああああああと数ページで終わってしまうーーー」という寂しさから読まずにいたわけで、1年越しに最初から読むことに。

そして読み終え、これは黄色い目をした~を読まねば!!とつづけて再読。

たしか修学旅行かなんかに持っていったなーと初めて読んだ時の記憶が蘇る……

裏表紙のあらすじが随分物騒で、親に見られたら……なんて心配をしていた思春期。笑


ところで先ほど黄色い目をした~を読み終えたのですが、

二作目にして高遠に葉山、花屋、つるちゃん、シャドウまで…すでにいろいろみなさん出てたのねーとちょっとびっくり。

この時はまだ高遠さんが敬語使ってたりとかわいい。
つるちゃんもなんだかただのホームレスじゃないのっていう。
まさか兄貴だとは思わなんだ


そして見たかったリベザルと良太のであい。

リベザルが敬語じゃないのが新鮮で、なんだかリベザルじゃないよう……



いくつか備忘録

・71P 秋が高遠さんを「やっぱり似てる」と称す。
       →座木に?って解釈でいいのか??たまらない
・197P 智充に対して「嘘つき」と呟く秋
       →関連……花霞?を読めばわかるかしら……
・204Pとラスト 未だにわからない「座木を原型に戻した」謎……
       →ラストの「他人に素顔見せたら、客商売にならないだろーが」は関係ある??ソラチル読めばわかるらしいので再読したい。読んでわかったという記憶がないけど笑
・304P 座木の言葉通りに~
        →いや!いやいやいやいや!すげーわ!何冊間を置いてんの!!つかガチで星空を~まで10年たってる気がする!!笑 高里先生伏線すごい……


以上、完全な自分用メモでした


ほんっとあの風呂場のヤツわかんないんだけど
わたしが馬鹿なのかなそうかそうなのか

とりあえず次はこのまま悪魔と詐欺師にいこうかな……それともソラチルにしようかな……

再読が楽しい今日このごろ

何回読んでんだ笑

おやすみなさい



ほもっていいね

そして誰もいなくなった
話題の4話。

何が話題って、藤原竜也と(役。以下当たり前だけど全部役のこと)伊野尾くんの突然の同棲!
そして半裸の藤原竜也を伊野尾くんがハグ!!
が、3話の次回予告であって一部世間を騒がせましたね!!

典型的な藤原竜也の役あるあるで濡れ衣着せられっぱなしの身も心もボロボロな主人公を匿い、『あなたは人を殺すような人じゃない』『友達も婚約者も信じなくても、僕は信じる』(意訳)と抱きしめる行きつけのバーのオーナー兼バーテンダーの伊野尾くん!!!
てか今更だけど伊野尾くんの役おいしすぎませんかね!!!

もちろんこのドラマ的に裏切る可能性もすでに裏切ってる可能性も黒幕の可能性も殺される可能性もあるんですが、


4話を見て幸せになったのは私だけじゃないはずだ。


ホモっていいなー……(ホモとは言ってない)


ドラマでこんな悶々したのは

                    幼なじみ・ノンケとゲイ・同棲

明日、ママがいない(魔王とロッカー)
                     児童養護施設の長と唯一対等な元保護児童

ウロボロス(生田斗真小栗旬 ←役名忘れた……)
                      児童養護施設で育った兄弟のような相棒のような

以来です……(微妙に説明違ったらすみません)

これも記録に入れておかねば。



このまま藤原竜也と伊野尾くんでホモハピエンルート迎えて欲しいんだけどな……無理だろうな……


ひとまずホモって幸せ
気持ちになれるということを言いたかった……

なんかいいホモ読みたい……(連呼すな)


近場では
『怒り』を楽しみにしてます……クレパト的綾野剛……楽しみ……